本文へ移動

行事と日々の出来事

行事と日々の出来事

RSS(別ウィンドウで開きます) 

山の子まつりを終えて

2014-12-17

 今年の山の子まつりは10月26日(日)、快晴の中無事終了しました

 日の出町役場や社会福祉協議会、地元商工会女性部の方々を始め多くのボランティアさん、日の出舎さんの後援・協賛・ご協力を得まして、盛大に開催することができました  
また、ご家族・日の出会の方々にはバザーを盛り上げていただき、皆様のおかげで大きな収益もあげることができました

 

 恒例のステージでは、今年も大勢の方々に参加していただき、オカリナ演奏・歌と踊り・太鼓等、大変充実した演出でまつりを盛り上げてくださいました。

車椅子ダンス・エアロビといった活動発表も、日々の努力と成果を発表でき、皆にとって大変良い経験となりました。

また、今年も「なかま亭」「恩方育成園」「洗瓶センター」「くりちゃんのお店」より売店も出店していただき盛況なものとなりました

 毎年山の子まつりは、多くの方々のお力添えがあってのものです。
ありがとうございました。
今後も各イベント変わらぬご協力・ご参加をお願い申し上げます。

実行委員長   野口 一則

たんぽぽ棟旅行を終えて

2014-12-10

101617日と山梨県河口湖の湖畔のコテージに一泊二日の棟旅行へ行ってきました

みんなとても楽しみにしていたようで、出発前からテンション高め

 

まずは、一日目の目的に・勝沼のぶどう狩りに向かいました。

普段では味わえない高速道路のスピード感に喜び、ぶどう園に到着すると、みんな美味しそうにぶどうをパクパクと口に運んでいました

 

ぶどう園を後にし、いざ宿泊先のコテージまでの道のりは長いです。

途中、ファミリー昼食を摂り、車窓から見える富士山を眺めながら、夕方には宿泊先のコテージに到着

夕食のバーベキューは外が寒かったこともあり、急遽室内での焼肉パーティーとなりましたが、焼き立ての美味しいお肉にみんなご満悦

 

初日の夜は疲れもあり、皆早々に布団を敷いて個々のお部屋でぐっすりとお休みになられました

 

二日目の朝、起床後に皆で雄大な富士山を眺めながらゆっくりと温泉に浸かり、入浴後は、ホテルのバイキングで朝食です。

皆、好きなものを食べてお腹いっぱいになりました。

 

その後は、車で絶景の富士山が眺められる場所まで移動し、皆で記念撮影。

桃源台から大涌谷まで箱根ケーブルカーでの移動。

空から眺める大自然に皆大感動でした

 

大涌谷では名物のカツカレー温玉付きをペロッと完食。

帰り道はさすがに疲れたのか、みんな車内でぐっすりお休みです

興奮・感動・満腹と、もの凄く楽しくて素晴らしい旅行になりました。

たんぽぽ棟リーダー 遠藤 昌明

陽だまり班の1日外出に行ってきました!!

2014-11-23

曇り空で時折霧雨が降っていて心配しましたが、車に乗るころには雨は止んでいました

 

青梅駅から多摩動物公園までは電車とモノレールを使用しました。

Kさんは特に車以外の乗り物はかなり久しぶりなので様子を見ながら行こうと思っていましたが、声を出すことも落ち着かない様子もなく外を興味深げに眺めていました

 

Mさんが隣にいると安心するようで横にいないと声を出したりして寂しげな様子も見られ、陽だまり班の仲間意識も出ている様子が見受けられました

 

モノレールは高い位置から建物や山並みが見え、2人とも外を眺めて楽しんでいるように見えました。

 

多摩動物公園では、坂道を車イスで押して上がるのに時間がかかり、昆虫館とライオン・ゾウのところまでしか行けませんでしたが、昆虫館では蝶の大群に迎えられ2人とも上を見たり下を見たりとても驚いてる様子が印象的でした

 

食事も園内レストランでハンバーグプレートとカツカレーを残さずおいしそうに食べていました。

 

雨も園内に入って90分ぐらいしたところで少しずつ降ってきたので入り口に向かって、チーターなどを見つつ入り口のお土産屋さんに向かいました

 

帰りも電車・モノレールを使い帰りました。

2人とも少し疲れた様子も見られましたが天気も味方し、楽しい外出になりました

 

森田管理者も一緒に行って頂き素敵な写真を撮って頂きありがとうございました

陽だまり班リーダー 大久保 崇嗣

ボランティア感謝祭を終えて

2014-11-22

 天候にも恵まれ、利用者・ボランティアさん・職員の親睦を深めるよい機会になったと思います

 ボランティアさんに感謝の気持ちを表すことを目的とし、車イスダンスの活動内容発表、エアロビを利用者・職員と共に踊り、オカリナサークルの素敵な演奏もあり楽しい時間を過ごしました。

 カラオケでも利用者の熱唱に皆拍手をし、森田管理者の熱唱もあり全員で大いに盛り上がりました

 

 最後に利用者のSさんから、ボランティアさんに日ごろの感謝の気持ちを込めたギター演奏で締めくくり、とても楽しい会になりました

 

 今回は山の子の家の紹介とボランティアさんに感謝のメッセージを綴ったスライドショーも食事時間に流れ、ボランティアさんの山の子の家の生活について知る良い機会になりました。

 

 また、利用者・職員からボランティアさんに対する感謝の気持ちも映像を通じてよく伝わったのではないかと思います

 

 給食部の職員が腕によりをかけて作った北海道をテーマにした郷土食の海鮮うしお汁やメロンカクテルなど懐かしさを感じる構成でとてもおいしくいただきました。

 皆様のご協力もあり、感謝の気持ちを表すと共に互いに楽しい時間を過ごせたことを大変うれしく思います。本当にありがとうございました。

ボランティア感謝祭リーダー 大久保 崇嗣

こすもす棟旅行を終えて

2014-11-22

91819日に群馬県の四万温泉方面へ1泊旅行に行ってきました

1日目は渋川スカイランドパークへ

まずはお待ちかね。園内にあるスカイレストランで昼食タイム

ソースかつ丼が大人気でした。

 

続いては「観覧車はなまる」へGO。

あいにくの曇り空でしたが、眼下に広がる景色はサイコーでした。

でも、高いところはちょっぴり苦手だったかな

また、「氷の館アラスカランド」というマイナス30度の世界を体験!!

目の前に広がる純白の世界と白クマなどの動物たちに出迎えられましたが、氷の世界は“こおりごおり”でした。

いろいろなアトラクションを楽しみ最後に乗ったのが「ネーブルコースター」でした。

風を切る爽快感を楽しみました・・・と言いたいところでしたが、従業員のはからいで続けて2周っ!!

利用者は満面の笑顔、職員は真っ青でした

下見の段階から従業員の対応がとても親切でした。色々とありがとうございました。

渋川スカイランドパークを後にして次は「食の駅ぐんま」で地酒など夜の宴会の買い出しをしていざ宿へ・・・

 

今回は四万温泉の「三木屋旅館」に貸切で泊まりました。

四万川のすぐ近くにある宿で清流のせせらぎをBGMに露天風呂を楽しみました。

夕食は山料理がメインで岩魚の骨酒を飲んだりと楽しいひと時を過ごしました

 

 

2日目は四万ダムへ。

マリンブルー色のダムを横目に周辺を散策し、汗をたくさん流した後に「こしきの湯」という大衆温泉へ。

運動した後の温泉は気持ちがよくて、マリンブルーの湖面に負けない輝いた笑顔が見れました

 

昼食は「三木屋旅館」に戻って手作りカレーを食べました。これで“ツカレー”が取れたかな?

こちらも従業員の方が親切で色々と気にかけて頂きました。また利用したいと思います。

また、仲居さんから「他の施設と違って世話(支援)に温かみがあって良かった」とお褒めの言葉を頂きました

 

お腹が一杯になったところで山の子の家に向けて出発。

途中の上里PAのスターバックスでコーヒータイム!!青空の下で飲むコーヒーは格別でした。

 

来年の旅行はどうなるのかな?今から楽しみです。

こすもす棟旅行統括 小澤 章男

家族ふれあい会7の写真2

社会福祉法人 山の子会

〒190-0181

東京都西多摩郡日の出町大久野

8025番地11

TEL.042-597-7300

FAX.042-597-5131

mail;yamanokonoie@nifty.com


・障害者支援施設

・施設入所支援事業

・生活介護事業

・短期入所事業(ショートステイ)

・共同生活援助事業

  (グループホーム)


 

TOPへ戻る