本文へ移動

行事と日々の出来事

行事と日々の出来事

RSS(別ウィンドウで開きます) 

農園芸班一日外出のご報告です。

2013-02-12
2012年11月6日、農園芸班一日外出で、山梨県へぶどう狩りとバーべキューに行ってきました。
あいにくの空模様でしたが、山梨県に入ると雨も上がり色づいた山々を眺め、とても気分爽快!
・・・葡萄の丘でのバーべキューはおいしかった〜・・最高でした。
次は食後のデザートぶどう狩りです。ハサミで上手に切ってパクリ.・・..最高でした。沢山頂きました
利用者の皆さんの嬉しそうな顔を見て職員も満足。「又、来年も来たいね。」と山梨県を後にしました。
帰りのバスも、利用者も職員も元気一杯。楽しい一日を過ごす事が出来ました。
楽しい時間を共有して農園芸班の結束も深まり、とても良い一日外出となりました
                                            農園芸班リーダー:飯野千景

こすもす棟旅行のご報告です。

2013-02-12
 9月13日(木)と14日(金)の2日間を使って一泊二日で静岡県方面へこすもす棟の旅行に行って参りました。
 1日目は『伊藤マリンタウン』へ行き、皆で遊覧船に乗船。天候にも恵まれ、カモメ達の見守る中、気持ちの良いクルージングを楽しみました
宿泊先は『熱川ハイツ』に泊まり、温泉とおいしい食事を満喫しました。
 2日目は遊園地『グリンパ』へ行き、利用者一人一人に合った内容のアトラクションを探し、皆が楽しめるよう行動しました。スリルのあるアトラクションを楽しむ方、ウルトラマン電車などに乗ってゆっくり楽しむ方とそれぞれに思い出を作ってきました。
 旅行という行事を通して普段の生活の中では中々体験できないことに触れることができたり、職員と利用者の一層の親睦を深めることができたりと、一年の中で棟旅行はとても大切な行事です。今回の旅行も、「また行きたい」や「楽しかった」などの声を利用者からいただけ、利用者、職員共にとても想い出深い旅行となりました

こすもす棟リーダー:峰岸 亨

町民文化祭のご報告です。

2013-02-06
森田先生のお茶席にて★
元職員も遊びに来て下さいました。
参加した利用者さんとブース前にて。
 11月10、11日に「日の出町町民文化祭」が開催され、手工芸班と割り箸班が作品展示と販売に参加させて頂きました。昨年に引き続き、グリーンプラザと森林組合の2か所での開催となりました。

 1日目は風が冷たく、2日目は最後の方で雨に降られてしまいましたが、実行委員・ボランティアの皆様の温かいサポートもあり、2日間の総売り上げ¥120,370−と大盛況に終える事が出来ました。
販売ブースでは沢山の方々に足を止めて頂き、「去年買った物を使っていますよ。」とバッグから出して見せて下さったお客様、「これ、去年は無かったよね?新作!?」とお声掛けして下さった常連のお客様のいらっしゃいました。また文化人の方々の貴重なアドバイスや、胸が熱くなってしまうようなお褒めの言葉を沢山掛けて頂きました。
今年は割り箸班の職員も配置され、紹介パネルなどで割り箸班のアピールも出来たと思います。
短時間ではありましたが、利用者の皆さんも販売のお手伝いをして下さいました。
「それ、私が織ったんです。」と少し恥ずかしそうに、でも誇らしげなその方の表情がとても印象に残りました。

 一生懸命心を込めて作った作品が評価される事は、山の子の利用者の皆さんにとって、また職員にとっても喜び
や自信に繋がり、日々での作業への励みになると改めて実感する事が出来ました。
この気持ちを胸に、皆様に愛用して頂けるような製品作りに励んで行きたいと思います。
 
ご協力頂いた関係者の皆様、足を運んで下さったお客様に心より感謝申し上げます。
 

町民文化祭担当 : 吉原美由紀

あじさい棟1泊旅行のご報告です。

2012-12-29
ハイジの村で。
カラオケも楽しかったよ。
自慢の山の子バスで行きました★
 あじさい棟のメンバーは8月30日(木)〜31日(金)の2日間、
山梨・静岡方面へ行ってきました

1日目は山梨県のハイジの村に行きました。
お洒落なレストランでのランチタイムで好評だったのは、大人のお子様ランチでした。
サラダバーもあり、皆さん楽しそうに選んでいました
他にもアニメのハイジの上映や、かわいいハイジグッズがたくさんあり、
利用者の皆さんに大好評でした。
山梨県立美術館ではミッフィー展を見学し、ぬり絵を楽しみました。
宿泊はかんぽの宿石和で、温泉・カラオケを楽しみ、ゆっくり休みました。
こちらは他の棟でも何度か利用しているので、山の子の家はすっかり常連で、
「また来て下さいね。」と温かい言葉を掛けて頂きました

2日目は静岡に移動し、富士サファリパークに行きました。
皆さん動物を見ては「おぉー!」と歓声を上げ、とっても楽しそうでした。
暑い中の旅行で夏バテを心配しましたが、皆さん元気に過ごす事が出来て何よりでした
 

あじさい棟リーダー 林 久美
 

西多摩療育支援センター「ミニ作品展」に出展しました。

2012-11-11
 9月10日〜14日の間、西多摩療育支援センターにて、毎年恒例の「ミニ作品展」が開催されました。今年も木工やビーズ製品に布草履やカードなど、地域の障がい者施設の日中活動として創作された素敵なハンドメイド作品と一緒に、山の子の家の手織り製品と割り箸も出展させて頂きました。

11日には手工芸班メンバーで見学に行き、最終日には展示品の販売も行いました
 
 数年前まではイベントに参加すると緊張してしまいお腹が痛くなってしまっていた方も、様々なイベントを通じ、自分の作品が評価され【誰かのお気に入り】となる喜びを味わう経験を重ねてきた事で、今では積極的にイベントに参加し、販売だけでなく展示の準備や片付けまで一生懸命取り組んで下さる様になりました。
 
 また、今回初めて販売に挑戦される方もいらっしゃいました。初めての経験という事もあり、当日は緊張して自分が思う様に「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」が言えなかったとの事…。仏頂面の一日となってしまいました。そんな中でも、同じ手工芸班の仲間の作品を一つ一つ真剣に眺めながら「これは○○さんが織ったバッグだね。綺麗に織れているね。」と素直に評価されている姿がとても微笑ましく、印象的でした。
 
 支援センターの職員の皆様にはいつもながら温かく対応して頂き、とても楽しく充実した一日を過ごす事が出来ました。当日お世話になりましたセンター関係者の皆様、各施設の職員・利用者の皆様、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します    
 
手工芸班 酒谷 文 
Click to play this Smilebox slideshow
Create your own slideshow - Powered by Smilebox
Free slideshow created with Smilebox

家族ふれあい会7の写真2

社会福祉法人 山の子会

〒190-0181

東京都西多摩郡日の出町大久野

8025番地11

TEL.042-597-7300

FAX.042-597-5131

mail;yamanokonoie@nifty.com


・障害者支援施設

・施設入所支援事業

・生活介護事業

・短期入所事業(ショートステイ)

・共同生活援助事業

  (グループホーム)


 

TOPへ戻る