本文へ移動

行事と日々の出来事

行事と日々の出来事

RSS(別ウィンドウで開きます) 

楽しかった家族ふれあい会

今年もご家族の温かいご協力のもと、家族ふれあい会を開催する事が出来ました
 
7月14日、猛暑日となり大変暑い中たくさんのご家族に参加して頂きました。
今年はこれまで行なっていた作業参観に変えて、障害者支援施設 「リズム工房」をお招きしての人形劇鑑賞を行いました
人形劇の演目は「大きなカブ」で、分かりやすく親しみのあるものだった為、利用者さんも舞台に引き込まれていくかのように、真剣に鑑賞されていました。
そして、一緒に歌を歌ったり、踊ったり、鈴を鳴らしたりと、大変な盛り上がりで楽しい時間をご家族と過ごされました
 
 人形劇が終わると、棟ごとに分かれての昼食会です
今年のメインメニューはキ―マカレーで、皆さん「おいしいね。」と笑顔で会食を楽しまれました。
また、この時間に食堂ではご家族のご厚意によるピアノ演奏が行われ、2階廊下では職員有志による楽器演奏が行われ、さらに華やかなひとときとなりました
 
 昼食会が終わると、通年通りの作業販売が行われました。
利用者さんが作業で作った手工芸品や、割り箸、野菜、香り袋等が並べられ、買物を楽しんで頂きました
 
午後になり、デザート会のスタートです
冷たいプリンやゼリーを紅茶と召し上がって頂きました。
山の子の家の日常を撮ったスライドショーを見ていただいたり、利用者さんによるギター演奏や職員紹介があり、午後の会も大変盛り上がりました
 
また、ご家族代表挨拶では、とても感動的な話をして頂き、感謝申し上げます。
こうして楽しい1日はあっという間に過ぎ、皆さまのおかげで無事に終える事が出来ました。
来年もご家族がふれあい、楽しい時間が作れるよう、企画していきたいと思います。
ありがとうございました     
             家族ふれあい会リーダー 高橋 洋子

 

こすもす棟旅行を終えて

今年度のこすもす棟旅行は『今年も四万温泉に行こう』をテーマに「四万温泉」(群馬県吾妻郡)に行ってきました。

 2日ともメンバー全員の日頃の行いが良かったのか、梅雨の中休みで晴天に恵まれメンバー全員が充実した楽しい旅となりました

 

 1日目は、『くれさか陶芸工房』にて陶芸体験を行ないました。

 メンバー一人ひとりがそれぞれ希望の作品を丁寧に仕上げました。

 湯呑み、お皿など工房の先生のご指導をいただきながら立派な作品ができました。

 ある利用者さんからは「日頃感謝しているお父さんへのプレゼントとしてお皿を作るよ。」など心温まる一言もあり、皆が嬉しい気持ちとなりました

 

 宿は『四万グランドホテル』に泊まり、夕食は豪華な割烹料理を食べ満足な夜を過ごしました。

 

 2日目は、『高崎温泉 天然温泉 湯都里(ゆとり)』(群馬県高崎市)に行き、温泉で日頃の疲れを癒しリラックスした時間を過ごしました

 

 利用者から「このような旅行を皆が元気でいつまでもできるといいね。」と平凡に思いがちですが、非常に大切な発言がありました。心温まる旅となりました

                 こすもす棟リーダー 野口 一則

割り箸班一日外出を終えて

 
今年度、割り箸1日外出は高崎の温泉に行きました
天気は生憎の雨模様でしたが、それならばお風呂でゆっくり温まろうと前向きに。
高速道路も空いていて(雨で速度規制はありましたが…)小一時間ほどで到着
 
4組に分かれそれぞれの部屋へ。
何はともあれ大浴場に行くグループ。
まずは腹ごしらえとご飯を注文する方。
内風呂からのTVとくつろぐ方。
みんな思い思い過ごされていました
大浴場では露天風呂を楽しんだりちょっとぬるめのお風呂でゆっくり入ってみたりとこれまたみんなそれぞれに
内風呂にも露天風呂があったりかけ流しだったりと贅沢気分でした。
 
ご飯も迷いながらもみんな自分の食べたい物を注文し「デザートどうしよう?」「売店でソフトクリームにしようか?」「せっかくだから色々見てみよう」と施設内を散策
漫画の読めるコーナーやゲームセンターなど色々ありましたが、最終的に売店へ。
みんなでソフトクリームを食べました
他のグループの人に話を聞くとフォンダンショコラやわらびもちを食べた利用者さんもいて、そっちも良かったなーなどと思ったりしました。
      
帰りのバスでは大所帯の割り箸班ですが4組に分かれて行動したことでみんなある程度それぞれの思いで過ごせたのかなと思います!
                          割り箸班 渡部 健介

ひだまり班一日外出を終えて

 
あいにくの曇り空でしたが雨が降らず一安心
ボランティアの村武さんが一緒に参加してくれ、バスで下道を楽しく会話を弾ませながら記念発祥館へ
 
現地で甲斐さんも合流し職員ボランティア含め7人、全員で10人となりいざお昼
お昼は記念発祥館内のレストランで地元野菜をふんだんに使用したカレーセットをみんなでわいわい美味しく頂きました。
 
その後展示ルームに移動
戦闘機やヘリコプターなどの展示の奥に飛行機やヘリコプターのシュミレーションがあり、職員が操縦しそれを利用者さんも真剣に見ていました。
まるで自分も飛行機に乗っているような表情をしていました
 
その後も床の画面のカプセルを割ると飛行機の絵が出てくるスクリーンを見たり、ハンドルを回すとロケットが飛ぶ仕掛けを一人一人回したり、とても皆さん楽しんで体験していました。
 
最後は航空公園の外で貨物機の前で記念写真を撮って帰りのバスへ乗り込みました。
ボランティアの甲斐さん・村武さんも盛り上げてくれてとても華やかな外出になりました
           ひだまり班リーダー 大久保 崇嗣

一日外出(イチゴ狩りをしよう)を終えて

 快晴とはいきませんでしたが雨もふらずにお出掛け。高速に乗って30分ほどで飯能の小谷野農園へ
 ビニールハウス内は少し蒸し蒸ししていまいしたが、甘い匂いで利用者も職員もかなりテンションがあがりました
 特にMさんは車椅子を自ら動かし、目当ての大きな苺を上手にとって召し上がっていました
 KさんやMさんも職員と一緒に大き目の苺をたくさん召し上がり大満足でした。
 
 昼食は飯能市内の極和美膳暖らんへ
 Mさんはそばが食べたいとの希望でしたがぶっかけそばしかなく急遽、つけ汁とそばを分けてもらいざるそば風にしてもらいました。
 他のおかずも含めておいしそうに食べていました
 他の方もうな重や豚の角煮膳をおいしそうに食べ、食事を満喫。
 気温的に過ごしやすく、少々近場の小旅行的な感じでしたが、利用者の満面の笑みが見ることができ、とてもよい外出になりました
                      担当 大久保崇嗣

家族ふれあい会7の写真2

社会福祉法人 山の子会

〒190-0181

東京都西多摩郡日の出町大久野

8025番地11

TEL.042-597-7300

FAX.042-597-5131


・障害者支援施設

・施設入所支援事業

・生活介護事業

・短期入所事業(ショートステイ)

・共同生活援助事業(グループホーム)


 

TOPへ戻る