社会福祉法人 | 山の子会 | 山の子の家 | 東京 | 日の出町 | 障害者施設 | 障害者支援施設 | 短期入所 | 割り箸 | 知的障害 | 職員募集

 

行事と日々の出来事

 

行事と日々の出来事

行事と日々の出来事
フォーム
 
ひまわり棟プチ家出(1泊旅行)
 

昨年の旅から一年が過ぎたひまわり棟の皆さんは、仕事を頑張りすぎたようで毎日疲れを取りたいと考えていました。そこで皆で相談し、プチ家出をして美味しい物を食べようと考えました。決行日は平成28711日、12日です。

 

 なんと日頃の行いが良いせいか前後の日は雨続きだったのですが、その2日間だけは空気の美味しい青空が広がりました

 

まずは、腹ごしらえの昼食に選んだのは【伊東マリンタウン】です。好きな物を選んで食べました。海鮮丼やハンバーガー等美味しく食べました。お腹が一杯になった一行は【シャボテン公園】で動物たちと遊ぶことにしました。公園には鳥やカピバラ、沢山の種類の猿がいました。ドッグショーを観覧し、動物に餌をあげて楽しみました

 

暑い中を歩き回った皆は、疲れたので宿で一泊する事にしました。かんぽの宿「伊豆高原」で汗びっしょりの身体を、露天ぶろ付きのお風呂で洗いサッパリしました。夕食は、コース料理でお刺身やお鍋などをお腹いっぱい食べました。寝る前には、カラオケやテーブルテニスをしてリフレッシュ。皆さんは、すぐに深い眠りについた様子です

 

朝、いつもと違う布団で起きた皆は、少し山の子の家が恋しくなったようでしたが、食欲旺盛でバイキングに並び、各々の選んだ朝食を楽しんでいました。その後、9時前には宿を後にし、「象牙と石の彫刻美術館」に入りキャンドル制作をしました。中に入れ込むガラス細工を自分たちで選び、素敵なキャンドルが出来ました。皆さん大事そうにバッグの奥に詰めて、次の場所に出発です

 

 最後の見学場所である「伊豆テディベアミュージアム」。ここで雑学を一つ。‘テディベア’の名は、第26代米国大統領セオドア・ルーズベルトのニックネーム‘テディ’から取られたもので、熊狩りに出かけた大統領が、同行の猟師が捕らえてきた小熊を逃がしてやったという逸話に由来するそうです。翌年、ぬいぐるみになった小熊は‘テディの熊’と呼ばれて大ヒットとなったとの事。そんな話を聞いた私たちはベアのぬいぐるみたちと写真に納まりました。また、美術館の中には、トトロの森が広がっており、トトロ、さつきちゃん、メイちゃんが迎えてくれました。なんと、猫バスに乗せてもらい記念撮影までしてきました

 

お腹が空いて来た一行は、昼食にスパゲッティを食べました。

 

 2日間に渡って色々な体験をし、美味しい物をたくさん食べた皆は、リフレッシュできたようで山の子の家が心配になってきました。「そろそろ帰ろう。」と、皆が同じように考え、夕方には無事に家に戻ってくることが出来ました。その夜は、「やっぱり、自分の布団が一番だよね。」と、皆が口々に言っていたようです

 

 兎にも角にも、笑顔の多いプチ家出(旅行)となりました。来年も行きましょうね

 

                        ひまわり棟 リーダー 金丸 由加

社会福祉法人  山の子会
〒190-0181
東京都西多摩郡日の出町大久野8025番地11
TEL.042-597-7300
FAX.042-597-5131

------------------------------
・障害者支援施設
   施設入所支援事業
   生活介護事業
・短期入所事業(ショートステイ)
・共同生活援助事業(グループホーム)
------------------------------

 
020148
<<社会福祉法人山の子会>> 〒190-0181 東京都西多摩郡日の出町大久野8025番地11 TEL:042-597-7300 FAX:042-597-5131