社会福祉法人 | 山の子会 | 山の子の家 | 東京 | 日の出町 | 障害者施設 | 障害者支援施設 | 短期入所 | 割り箸 | 知的障害 | 職員募集

 

あかしでの家(グループホーム)

 

グループホームあかしでの家

グループホームあかしでの家
 
 

あかしでの家 一泊旅行

あかしでの家 一泊旅行
 

★あかしで便り

★あかしで便り
フォーム
 
あかしでの家 1泊旅行に行く!!
2017-10-29
 
 今年のグループホームあかしでの家の一泊旅行は、5月18日、19日に『茨城大洗方面』へと出掛けてきました
 
  「でっかいなあ~!」 
  「これは歩く…?」
 
 一日目は『牛久大仏』→『国営ひたち海浜公園』、二日目は『大洗アクアワールド(水族館)』→『大洗リゾートアウトレット』、宿泊場所は『かんぽの宿 大洗』という行程です。そして、やはりメインは『牛久大仏』だった様子で、様々な感嘆の声が挙がっていました。
 『大洗アクアワールド』のイルカショーではイルカから水をかけられたり、『大洗リゾートアウトレット』はすでに廃墟のようになっていたりと……。多少のハプニングはあったものの、7名の利用者の皆さんにとっては、また1つ思い出が増えたことだと思います
 
 また、「花より団子」とは言ったもので……。きれいな太平洋の海、海浜公園他での色鮮やかな花々。普段見られないような光景よりも、宿他での食事、サービスエリアでの飲み物等の方が皆さんにとっては魅力的だったようで…。この場におけるほとんどの皆さんが、とても満足そうな表情を浮かべていたことが印象的でした
 
 そして、来年以降もこの非現実的な時間を大切にして、皆さんの笑顔が1つでも増えるようなイベントを計画していきたいと思います。
                                                                あかしでの家 村武超
 
1泊旅行に行ってきました!
2012-11-15
 9月6日(木)〜7日(金)、年に1度の1泊旅行に行ってきました。
今回はそのご報告です


1日目

2台の車に分かれてあかしでの家を出発。
途中、東京タワーやレインボーブリッジを見ながら、羽田空港へ。
空港では展望デッキから飛行機の発着を見ながら
「あの飛行機はどこから?」と夢を膨らませていました。

空港内のレストランで各自ランチを楽しみ、
その後、アクアラインを通って房総へ!
夕方房総の館山にある「ホテルアクシオン館山」に到着。
夕食前に全員で貸し切り状態のお風呂に入り大騒ぎ。
「楽しかったな!

入浴後は浜辺を散策したり、ホテル内を散策したり、
思い思いに過ごした後、待ちに待った食事。
利用者による乾杯の音頭で飲んだり食べたりしました。
皆、すばらしい笑顔でした

日目

出発時にホテル前で全員で記念写真を撮ってマザー牧場に向け出発。
マザー牧場に着くと、まず、マザーファームツアーに参加。
トラクタートレインに乗って牧場内を見学しました。
途中、羊やアルパカなどに自分達の手から直接えさをあげる場面もあり、
動物と触れ合う事もでき、楽しい経験でした。

お昼は牧場内でジンギスカン!
お肉、野菜をお腹いっぱい食べて大満足の後、
お土産を買って帰途に着きました。

楽しく、思い出に残る2日間でした
 
上部スライドショーはその時の様子です。
   
「あかしでの家」オープン!

2011年4月。「山の子の家」から、第2番目のケアホーム『あかしでの家』がオープンいたしました。なにぶん新築中の新築ということだけあって、外装・内装はもちろん、家具や食器・調理器具と何から何まで新しい!!
利用者7名、世話人4名、調理員3名の14名全員が心ウキウキ気持ちワクワクで新生活を満喫しています。

 
『あかしで』って…?
この「あかしで」とは、木(落葉高木)の名前。近所の幸神神社境内にある「シダレアカシデ」という木が日本に1本しかないというとても有名なもの(国指定天然記念物)で、枝が上へ伸びずに下へ下へと伸び、枝垂れるまことに不思議なもので、その樹木の名前から頂きました。

このグループホームのコンセプトの1つに、「地域との積極的なつながり」が挙げられます。
単独で生活を運営させるのではなく、地域住民の皆様方との協力や相互理解を深め、この地域で深く長く根付いた生活を目的としています。
そして、この『あかしでの家』と言う名前が、少しでも地域の方との架け橋になればと感じています。
 
「笑顔がたっくさん!みんなの家」
そして、もう1つのコンセプトが「笑顔がたっくさん!みんなの家」です。
今まで自宅に住んでいたり、集団生活をしていた皆さんが小集団を形成し、衣食住をともに生活していくことになります。
家族ではない者たちが一緒に暮らすわけですから、色々な場面でお互いの価値観を感じざるを得ないでしょう。時には衝突も起こりうることだと思います。
しかし、そのハードルを飛び越えることに意味があり、一緒に暮らす仲間を叱咤激励できる、そんなつながりを持って欲しいという願いも込められています。
 「1人はみんなのために、みんなは1人のために」こんな素敵な関係が築いていければ、自然と笑顔がたっくさん!になること間違いないでしょう。
 
 
ご連絡先
ご連絡先
※ クリックすると拡大します

社会福祉法人  山の子会
〒190-0181
東京都西多摩郡日の出町大久野8025番地11
TEL.042-597-7300
FAX.042-597-5131

------------------------------
・障害者支援施設
   施設入所支援事業
   生活介護事業
・短期入所事業(ショートステイ)
・共同生活援助事業(グループホーム)
------------------------------

 
019549
<<社会福祉法人山の子会>> 〒190-0181 東京都西多摩郡日の出町大久野8025番地11 TEL:042-597-7300 FAX:042-597-5131