社会福祉法人 | 山の子会 | 山の子の家 | 東京 | 日の出町 | 障害者施設 | 障害者支援施設 | 短期入所 | 割り箸 | 知的障害 | 職員募集

 

行事と日々の出来事

 

行事と日々の出来事

行事と日々の出来事
フォーム
 
第14回 西多摩療育支援センター祭を終えて
 今年も6月4日(日)に毎年恒例のセンター祭が実施されました                                                                                    
好天に恵まれ、大勢の来場者があり、賑やかなイベントとなりました
                                                                                                 
例年通り、山の子の家からも模擬店として手工芸班・割り箸班・農園芸班の製品や農産物を出店し、昨年を上回る売り上げとなり、来場された方々、山の子の家の利用者や職員、関係者方々には感謝するばかりであります。                                                                                         
 午前・午後に分かれて見学に来てくれた利用者の皆さんもとても楽しく過ごされた様子でした。                                                                                                 
 模擬店をやっていて気付いたことが1つあり、買い物に来てくれたお客様に対して、通常は「いらっしゃいませ」と言う所を、「こんにちは。」と言った方が注目してくれて買い物をして頂ける確率が高くなると言う事でした                                                                                   
なんという事ではないのですが、我々売り子としても親しみやすく商品を薦めやすくなり、会話も弾み楽しむ事が出来、一石二鳥という所でしょうか
                                                                                       
 センターの方々もいろいろ工夫されている様子で、昨年よりも出店数が少ない様に感じましたが、来場者にとって広く場所を開けたレイアウトにしていて、実際には2店舗多い出店となっていました。                                                                                                 
 沢山の方々と交流が持つことが出来、意義あるイベントとして、今後も長く続いていって欲しいと思いました!!                                                                                                 
 たくさんの方の応援、ご協力、ありがとうございました。                                                                                       
                                                                                                 
                                                                                                  センター祭リーダー 岩附 紀行
 
町民文化祭の報告
平成281112日・13日に日の出町民文化祭が日の出町のやまびこホールにて開催されました

両日ともに何年ぶりかで晴天に恵まれ、とても素晴らしい文化祭となりました。

 

一日目には山の子の家でお世話になっている茶道教室の森田先生による茶道が開かれ山の子の家の多くの利用者も参加し、美味しいお抹茶と和菓子を頂き楽しんでいる様子が見られました

 

今回の文化祭では手工芸班でタペストリーを作りました。

 

手工芸班全員の絵を縫い付け、さらには割り箸班で作っている割り箸も添えた作品を展示し多くの町民の方、その他の地域の方に観ていただきました

 

大変嬉しく、また利用者の方たちの励み、次への意欲に繋がりました。

また来年に向けて楽しい作品を作れるよう利用者のみんなと話しているところです

それではまた来年

                   手工芸班リーダー桑原 恭子

 
こすもす棟旅行の報告

 今年度のこすもす棟旅行は「更なる親睦を深める旅」と題して、「富士山周辺と石和温泉」を楽しむ旅に行って来ました

 

目的は新人職員も加わり、棟全員の親睦を図り楽しい時間を過ごしリフレッシュする事としました

目的は達成し、皆が充実した旅となりました

 

宿泊先は『かんぽの宿石和』で温泉を楽しみリラックスした時間を過ごしました。

 観光は2日間とも2班に分かれました。

1日目の1班は山中湖で水陸両用バス(カババス)を体験し、2日目は『勝沼ぶどうの丘』でバーベキューを行ないました

2班の1日目は河口湖でロープウェーに乗り、『河口湖オルゴールの森』でオルゴールの音色を楽しみました。

2日目は『富士急ハイランド』で絶叫マシーンを始め多くの乗り物を体験しました

2日間とも天候に恵まれ「メンバーの行ないが良かったからだね

また楽しい旅行をしたいね。」と嬉しい意見がありました。充実した旅行でした

                                 こすもす棟 リーダー 野口一則

 
あじさい棟旅行のご報告

今年は1020()21()に、東京、千葉方面の都会に行って来ました二日間共晴天に恵まれ、快適な旅になりました

 

一日目は川崎市にある藤子F不二雄ミュージアムに行きました。

かわいいドラえもんの絵やオブジェが沢山展示されており、「かわいいね」と利用者さんのテンションも上がりました

施設内のレストランでのランチは、これまたかわいいイラスト付きで、利用者さん同士見せ合ったりして、楽しそうに食されていました。

 

宿泊したのは、アパホテル&リゾート東京ベイ幕張です。

最上階のレストランからは、すばらしい夜景を見る事が出来、利用者さんもうっとりと眺めていらっしゃいました。

夕食は豪華なコースメニューで、ドリンクを片手に乾杯してステーキ等を堪能されました

 

二日目は、ディズ二ーランドの土産店に立ち寄り、買い物をした後、葛西臨海公園に行きました。

公園内にある水族館では、大きい魚に皆さん、驚かれていたようです。

人気者だったのはペンギンで、しばらく立ち止まって、にこにこと笑顔で見ていらっしゃいました

その後、レストランの外にあるテーブルでランチを食し、パークトレインに乗って広い公園を一周しました。秋風が涼しく、とても快適な乗り心地でした。

最後に大きな観覧車に乗りました。

「高くて怖い」と緊張気味だった方も職員との楽しい会話で、景色を楽しまれた様です

 

帰園されてからは「楽しかったね。」との声がたくさん聞かれました。

とてもゆったりとした、優雅な旅だったと思います。

また楽しい旅を企画していきたいです

あじさい棟旅行係 高橋 洋子

 
たんぽぽ棟旅行のご報告

926日群馬県四万温泉まで一泊旅行へ出かけました

あいにくの曇り空でしたが皆笑顔でリュックを背負い車に乗り込みました。

 

一日目の渋川スカイランドパークでは、観覧者に乗り少し怖がっている人もいましたが、その後ゴーカートやミニSLなどに乗り、笑顔ではしゃいでいる場面も多く見られ職員も一緒に楽しめました

 

その後、旅館に到着。川沿いのおもむきのある場所にあり、中もとてもきれいで皆とてもリラックスしていました。

貸切の為か、思い思いに時より廊下に出てきたりし、お風呂もゆっくりと入れてのびのびとした時間を過ごしました

料理もおいしく、お膳の他にも料理が運ばれてきて皆満足していました

 

2日目はやや小雨も降り八場ダム周辺をゆっくりドライブし、旅館に戻り昼食のカレーを食べ(昨日と比べもう少し食べたかったかな)ゆっくり帰途につきました

 天気は微妙でしたが職員・利用者さんともに楽しく遊べてとてもリラックスしたよい旅行でした

たんぽぽ棟リーダー 大久保 崇嗣

社会福祉法人  山の子会
〒190-0181
東京都西多摩郡日の出町大久野8025番地11
TEL.042-597-7300
FAX.042-597-5131

------------------------------
・障害者支援施設
   施設入所支援事業
   生活介護事業
・短期入所事業(ショートステイ)
・共同生活援助事業(グループホーム)
------------------------------

 
022612
<<社会福祉法人山の子会>> 〒190-0181 東京都西多摩郡日の出町大久野8025番地11 TEL:042-597-7300 FAX:042-597-5131