社会福祉法人 | 山の子会 | 山の子の家 | 東京 | 日の出町 | 障害者施設 | 障害者支援施設 | 短期入所 | 割り箸 | 知的障害 | 職員募集

 

行事と日々の出来事

 

行事と日々の出来事

行事と日々の出来事
フォーム
 
ボランティア感謝祭を終えて
2015-10-28

雨の強い中ですが、とても盛り上がり活気のある会になりました

 

スライドショーも利用者の日々様子や活動内容、ボランティアさんに対する感謝の言葉など様々な要素が盛り込まれ、皆とても興味深く見ていました

 

 司会のテンポもよく、時間が後半押すこともありましたが明るく会を盛り立てていました。

活動紹介でも車イスダンスの歴史や利用者の映像などを見ながら先生が分かり易く説明したり、スポレクの先生とアンパンマン体操を舞台と後方のスペースに分かれて利用者・先生・職員で楽しく踊ったり一体感が伝わってきました

 

料理も北陸がテーマで美味しいステーキや野菜の組み合わせで見た目も鮮やかで美味しかったです。

 

カラオケや職員紹介もあり盛りだくさんではありますが職員・利用者・ボランティアさんで楽しい時間を過ごせました。皆様の御協力があり無事行えたことを嬉しく思います           

 

        ボランティア感謝祭リーダー大久保崇嗣

 
農園芸班一日外出を終えて
2015-10-27

914日、農園芸班は一日外出に行ってきました

テーマは、梨狩り。場所は、埼玉県東松山市。

 

山の子の家からもさほど遠くなく、関越自動車道のサービス・エリアでのんびりするなど、時間的にもゆったりした行楽でした。

 

 梨はみんなの大好物ということもあり、初めから期待がふくらみます。

お目当ての梨園は関越からも近く、迷うこともなく無事、到着

 

梨は鳥たちも好きらしく、梨園は周りが全部鳥よけのネットでしっかり守られていました。

とくにカラスは強敵らしく、1羽でも中に入られると大変、とうかがいました。

 

『桃栗三年、柿八年』と言いますが、梨はおいしい物ができるようになるには十年以上かかるとのこと。手入れがたいへんそうです。

 

 『豊水』という品種が食べごろと聞き、私はこれを食べました

 

甘さとみずみずしさが、最高

やはり、もぎたての新鮮な梨は違います。

皮をむかなくても十分味わえました

 

 梨をたんのうした後は、すぐそばにある『ウイナーズ・ハウス』という宿泊施設に行き、屋外でバーベキュウ。

 

BBQは農園班の伝統のようなものなので、メンバーはみんな慣れたもの。

牛・豚・鳥・ソーセージと、お肉もたっぷり

ご飯とみそ汁は食べ放題

 

これは食が進みます。梨+BBQは、質・量ともに言うこと梨

 

 ゆっくりくつろいだ後、施設の入り口にある恐竜のオブジェといっしょに記念撮影。

 

帰りのバスの中では、満足そうに寝ていた方もちらりほらり。

お天気にも恵まれ、楽しい一日となりました

            

              農園芸班リーダー 堤 英明

 
西多摩療育支援センター ミニ作品展を終えて
2015-10-27

去る97日より11日まで、西多摩療育支援センターにて“森の中の作品展”が行われました

 

ミニ作品展ということもあり、規模は小さいながらも療育センターの職員さん・ドクターや利用者のご家族などもお越しいただきました

毎回、山の子の製品を楽しみにしているお客様もいらっしゃり、来店する方々が楽しそうに製品を手に取る姿が見られ、その度に職員の私も嬉しい気持ちになりました。

 

初日には山の子の家の手工芸班メンバー全員で展示された自分たちの作品・製品を見学する事ができ、メンバーそれぞれが“売れるといいなぁ”と期待している姿が印象的でした

 

売上の方はというと “昨年には及ばずでしたが

 

参加する事に意味があるので、また来年も参加出来ればと思っております

 

このページを見て下さった方、来年は是非足を運んでくださるよう心よりお待ちしております

                 手工芸班リーダー 桑原 恭子

 
リサイクル班 一日外出を終えて
2015-10-26
7月9日(木)にリサイクル班の一日外出で山梨県勝沼にあるぶどうの丘に温泉&バーベキューへ行ってきました
今回は、温泉組と散歩組に分かれて行動しました。
 
梅雨の時期なので仕方ないのですが、出発時はあいにくの雨
ところが現地に到着した時にはお日様が顔を出してくれて心配していた散歩組も心地よい日差しの中で楽しく歩くことが出来ました
 
温泉組は、普段味わえない露天風呂にゆっくり浸かることができ、日頃の疲れを癒すことが出来ました
 
昼食のバーベキューでは、野菜も残さずみんな綺麗に完食。
おなかいっぱいみんな笑顔で山の子に戻ってくることができました。

リサイクル班リーダー 遠藤 昌明
 
たんぽぽ棟旅行を終えて
2015-10-26
7月2日(木)3日(金)で、たんぽぽ棟旅行に行って来ました。場所は、山梨県にある「かんぽの宿 石和」です。
初日は、富士吉田にある「海の家」でみんなでランチ。
山梨県なのに海の家?という感じですが、出てきたお魚はどれも新鮮でとても美味しかったです。みんなも山の子ではなかなか味わえない《生魚》を堪能されていました。

おなかいっぱいになったところで、今度は、河口湖を遊覧船でぐるっと一周クルージングです。お昼まで降っていた雨もあがり、遊覧船に乗って心地よい風に当たる事ができました。
 
旅館に到着し、一呼吸してからいざ温泉へ。大きなお風呂にゆっくり浸かり、一日の疲れが取れた後は、宴会場を貸し切ってみんなで楽しく美味しいご馳走を頂きました。
二日目、旅館のバイキングで朝食を摂った後はもも狩りを目指して出発です。
あいにく天気は雨で、もも狩りはできませんでしたが、もも園の採れたて冷え冷えのももをみんなで美味しく頂くことができました。

その後は、科学館見学組と温泉ゆったり組とで二組に分かれて行動です。
見学組も温泉組も各々でとても楽しまれていました。昼食では、みんな大好きラーメン・餃子や角煮がいっぱい入った角煮丼など好きな物をいっぱい食べれて大満足でした。
何事もなく無事に、みんな笑顔で元気に山の子に帰ってくることができて本当に楽しい旅行になりました。

たんぽぽリーダー遠藤昌明 
 
 

家族ふれあい会7の写真2

家族ふれあい会7の写真2

社会福祉法人  山の子会
〒190-0181
東京都西多摩郡日の出町大久野8025番地11
TEL.042-597-7300
FAX.042-597-5131

------------------------------
・障害者支援施設
   施設入所支援事業
   生活介護事業
・短期入所事業(ショートステイ)
・共同生活援助事業(グループホーム)
------------------------------

 
024224
<<社会福祉法人山の子会>> 〒190-0181 東京都西多摩郡日の出町大久野8025番地11 TEL:042-597-7300 FAX:042-597-5131